規約

第1章 総則

【名称】

第1条 この会は、日本細胞診断学推進協会細胞診専門医会と称する。

【事務所】

第2条 この会は、事務所を、東京都千代田区神田駿河台2-11-1駿河台サンライズビル3 階日本細胞診断学推進協会事務所内に置く。

【目的】

第3条 この会は、細胞診断実務に関する医師、歯科医師ならびに技師の教育・指導に当たることを目的とする。

【事業】

第4条 この会は、前条の目的を達成するために、次の事業を行う。

  • 細胞診専門(歯科)医が業務を円滑に遂行できるように支援する。以下、細胞診専門医は、特別の断りがない限り細胞診専門(歯科)医を意味する。
  • 細胞診専門医による細胞検査士指導の実態を把握し、調整する。
  • 集会の開催。
  • 会報の発行。
  • 特定非営利活動法人日本臨床細胞学会細胞検査士資格認定試験委員会委員長および細胞検査士委員会担当理事と協議の上、特定非営利活動法人日本臨床細胞学会細胞検査士資格認定試験運営委員会の委員を推薦する。
  • 特定非営利活動法人日本臨床細胞学会細胞検査士委員会委員長の要請により、特定非営利活動法人日本臨床細胞学会細胞検査士資格更新審査小委員会の委員を推薦する。
  • その他この会の目的を達成するために必要な事業。

第2章 会員

【会員の構成】

第5条 この会は、特定非営利活動法人日本臨床細胞学会会長が認定した細胞診専門医で構成される。

【会員の移動】

第6条 会員は、退会または転勤などの移転のあった場合、事務所に届け出なければならない。

第3章 役員

【役員の種別】

第7条 この会に、会長1名および総務若干名および監事2名の役員を置く。

【会長】

第8条 会長は、総務の互選により選出され、日本細胞診断学推進協会理事長がこれを委嘱する。
2 会長は本会を主宰し、これを代表する。
3 会長の任期は2年とし、再選を妨げない。

【総務】

第9条 総務は、細胞診専門医の中から会員の選挙により選出され、会務に関する重要事項を協議し実行する。
2 総務の任期は2年とし、再任を妨げない。ただし、選出時、被選出者は満65 歳を越えないこととする。

【監事】

第10条 監事は会長が候補者を推薦し細胞診専門医会総会の承認を経て決定される。
2 監事はこの会の会計および会務を監査する。
3 任期は2年とし、再任を妨げない。

【幹事】

第11条 この会の業務を処理するため必要な幹事をおく。

第4章 会議

【総会】

第12条 この会の総会は、特定非営利活動法人日本臨床細胞学会春期大会および秋期大会時に開催する。
2 細胞診専門医は特定非営利活動法人日本臨床細胞学会が定める「細胞診専門医資格更新実施要項」に従い総会への出席が義務付けられる。
3 総会においては、以下の事項についての承認を求める。
 (1)事業報告および収支報告
 (2)事業計画および収支予算
 (3)その他運営に関する重要事項
4 総会の議事は、出席会員の過半数をもって決する。
5 会長は、総会開催時に、講演会等を行うことができる。
(細胞診専門医総務会)
第13条この会は、特定営利活動法人日本臨床細胞学会春期大会および秋期大会時に、細胞診専門医総務会を開催する。その他必要に応じて会長は臨時細胞診専門医総務会および臨時総会を総務会の承認を経て開催することができる。

第5章 顧問

【顧問】

第14条 会長は、満65歳以上の総務経験者のうち、細胞診専門医会に特に功績のあったものに対し顧問の称号を与えることができる。顧問は、細胞診専門医会、細胞診専門医総務会へ出席できるものとする。

第6章 会計

【事業計画・予算書】

第15条 この会の事業計画およびこれに伴う予算書は、会長が作成し、細胞診専門医総務会の議決および細胞診専門医会総会の承認を経て、日本細胞診断学推進協会理事長に提出しなければならない。これを変更する場合も同様とする。

【事業報告・収支決算書】

第16条 この会の事業報告および収支決算は、毎会計年度終了後、会長が事業報告書、収支決算書を作成し、細胞診専門医総務会の議決および細胞診専門医会総会の承認を経て日本細胞診断学推進協会理事長に報告しなければならない。

【会計年度】

第17条 この会の会計年度は、4 月1日より翌年3 月31日までとする。

第7章 規約の変更

【規約の変更】

第18条規約の変更は総会出席会員の過半数の賛同を得て決定される。

付則

  • 本規約は昭和60 年5 月30 日から実施する
  • 昭和62 年5 月21 日一部改正
  • 平成4 年11 月12 日一部改正
  • 平成7 年6 月10 日一部改正
  • 平成8 年6 月1 日の日本細胞診断学推進協会の発足に伴い、平成9年5月30日までは移行措置とし、従前の細胞診指導医会規約を適用する。
  • 日本細胞診断学推進協会細胞診指導医会の本規約は平成9年5月31日より実施する。
  • 平成14年11月2日一部改正
  • 平成15年7月9日特定非営利活動法人日本臨床細胞学会発足に伴い一部改正
  • 平成16年7月10日一部改正
  • 平成17年11月12日一部改正
  • 当分の間、専門医会入会金2000円、年会費2000円、印鑑代1000円を徴収する。
  • 平成22年11月22日一部改正
  • 年会費は資格更新時、4年分を前納とする
  • 平成23年10月23日一部改正